TOP  投稿事例のご紹介

投稿事例のご紹介

先生の投稿の一部をご紹介します。

悪性胸水用デバイス(開発中)

がん患者 QOL向上

悪性胸水がたまると、胸腔ドレナージで胸水を取り除く必要がある。チューブは、陰圧による変形と詰まりを防ぐため、硬くて太くする必要があり、患者は持続的な苦痛を伴っていた。また、チューブの留置手技は熟練を要し、気胸や出血などの重篤な合併症を起こす危険性もあった。加えて、従来の水封システムは大掛かりで、日常生活動作の著しい妨げとなっていた。そこで、QOLを向上するための方法とデバイスの開発を開始した。

本事業をどう活用したか

2019年に本事業で開催されたバイオデザインワークショップに参加し、悪性胸水に関するニーズを知った。異業種との交流・議論を通じてニーズの本質は何なのかを様々な角度から検証し、従来法と全く異なる新手法を発明するに至った。また、デバイスの設計、先行技術調査、特許出願、プロトタイピングなど、医療機器の開発に欠かせない知識を短期間で学ぶことが出来た。

患者の邪魔にならず、医師にとっても扱いやすいデバイス

転移を伴うがん患者の半数が悪性胸水に苦しむ現状にある。このデバイスが社会実装されれば、患者の日常生活の邪魔にならず、医師にとっても扱いやすいデバイスになると考えている。また、安全に実施できること、従来の手法と同等の効果があり安価に済むことを目標とし、現在、大学病院での臨床研究前研究の開始に向けて各種準備中である。
事例紹介リーフレット_石北先生
事例紹介リーフレット_石北先生


(pdf :998 KB)

(掲載内容は、2020年9月時点の情報になります。最新情報についてはお問合せください)
こちらのコンテンツは、日本医師会「医師主導による医療機器の開発・事業化支援事業」の業務委託先である株式会社日本医療機器開発機構が作成しております。本件に関する問い合わせ先はこちら。

投稿事例のバックナンバー