TOP  投稿事例のご紹介

投稿事例のご紹介

先生の投稿の一部をご紹介します。

次世代型ポータブル点滴(輸液ポンプ)(開発中)

輸液・経管栄養 携帯型 無電源

使う場所を選ぶ従来の輸液・経管栄養の持続注入器ではなく、点滴棒等のない携帯できる製品を目指し、開発を進めている。

本事業をどう活用したか

本事業のセミナーへの登壇により、メディア掲載や企業との共同開発に繋がった。そのほか、関東経済産業局の支援事業への採択、特許出願、PMDA対応等において、アドバイス及び実務支援を受けた。

点滴棒をなくし、扱いやすい製品に

現在の輸液・経管栄養の持続注入器は、電源コードや点滴棒があることから、利便性が低い。これに対し点滴棒をなくした携帯型の製品が実現すれば、利用できる場面が増える可能性があり、この実現に向けて開発を進めている。本製品により、医療現場に貢献することはもとより、患者様自身のQOL向上にもつなげるべく、上市を目指していきたい。
事例紹介リーフレット3
事例紹介リーフレット3

(pdf :977 KB)

(掲載内容は、2019年2月時点の情報になります。最新情報についてはお問合せください)
こちらのコンテンツは、日本医師会「医師主導による医療機器の開発・事業化支援事業」の業務委託先である株式会社日本医療機器開発機構が作成しております。本件に関する問い合わせ先はこちら。

投稿事例のバックナンバー