医師のみなさまへ


1. 医師主導による医療機器開発支援の目的



日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行うことで、 新たな医療機器や技術の開発を促進し、新技術としての学術的評価の向上に貢献することで、 国民により質の高い治療技術を提供していくことを目的としています。



2. 支援の内容



  • 医師の日常診療におけるニーズ(臨床上の必要性) に基づくアイデアやシーズ(開発の候補となる物質や技術) を医療機器の開発や事業化につなげるために支援します
  • 医師のみなさまが登録したアイデアやシーズの目利きを行います(費用はかかりません)
  • 医療機器としての新規性や有用性が見込まれれば、具体的な開発や事業化の支援を行います

3. 支援の流れ





4. 協力事業者の紹介



医師主導による「日医 医療機器開発支援」は、医療機器の開発・事業化が実現可能となる案件の見極めや、開発から事業化に至る相談業務を行う必要があるため、専門知識と実績を持つ事業者である株式会社日本医療機器開発機構(JOMDD)と協力して業務を行います。 JOMDDでは、日本医師会治験促進センターの設立に携わり、その後米国食品医薬局(FDA)で日本人初の医療機器審査官を務めた医師である代表者や経験豊富な人材を有しており、日本発の医療イノベーションを生み出すべく、医療機器の事業化に取り組んでいます。 本支援の相談業務では、試作品の開発、知的戦略の立案、動物試験・臨床試験・治験の設計、製造販売体制の構築、海外での事業化に至るまで、広くご支援いたします。
支援に当たってはJOMDD社と秘密保持契約を締結していただきます。
開発・事業化に関するリスクについては、「開発アイデア・シーズの登録方法」→「リスクについて」をご覧ください。